【美容女子、必見!】注目の美容オイル、『ドライオイル』ってナニ?

いつもあっさんぷらーじゅのブログをご覧頂き誠にありがとうございます。代表の金子です。

今日は、美容先進国フランスからの話題をひとつお伝えします。

 

近年、オーガニック製品や天然植物オイルの知られざるパワーが明らかにされていく中で、意外とどのオイルがどんな役割がある...というのを体系的に理解する機会が少ないようです。ですので、今回は弊社製品とはあまり関係のないオイルまで、一挙その効果と役割について皆様にお伝えします!!

 

 


今回お伝えするのは、『ドライオイル』という種類に分類されるオイルたちです。

 

あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、植物オイルの中でも特に浸透率が高いものを指します。

日本語にすれば、『乾性油』とでも言えるのかもしれませんが、一般的な意味の『空気中で固形になってしう油』のことではありません。あくまで、美容用語として『ドライオイル』というジャンルがあるのです。

 

市販されている『ドライオイル』の多くは、数種類の植物オイルを混ぜ合わせたものであり、皮膚科学や美容学においてその成分が効果的なものだと知られています。

 

『ドライオイル』は、乾燥肌や『超』乾燥肌の改善に理想的です。なぜならば、オイルが、お肌の理想的な水分補給を促すからです。それは、すべての肌質に当てはまります。『ドライオイル』は、表皮の脂質バリア機能(細胞間脂質)の再構築を促進してくれるからです。

 

 

では、代表的な『ドライオイル』の正体を明かしましょう。



いかがでしたでしょうか?

今お使いのスキンケアグッズの中にも、これらの成分が含まれているかもしれませんね!

 

 

様々な使い方...

 

ほとんどのドライオイルには、様々な使い方があります。ボディオイルとしても使えますし、幾つかのオイルはフェイス用だけでなく、髪の毛のケアにも適用されます。

 

フェイス:ナイトクリームとして、テカリを抑えるために使用します。ドライオイル数滴を、保湿クリームやマスクなどに混ぜて使います。

 

ボディ:正常なお肌を保つために、1日に1〜2回ドライオイルを塗布します。あるいは、お風呂にドライオイルを入れるのも効果的です。

 

ヘアケア:髪の毛の栄養補給に。あるいは、部分的なケアに。乾燥した髪の毛のお手入れに最適!幾つかのオイルは、髪の毛にツヤを取り戻します。なぜならば、光に反射する色素がドライオイルにはあるからです。


弊社取り扱いのプロヴァンス直輸入ドライオイル『デリカテス』

天然植物オイル100%でハンドメイドされるオイルの特徴は、

何と言っても、その濃厚さ!

 

スイートアーモンドとゴマ、オリーブを主体に、近年エイジングケアで話題のイモーテルエキスと鎮静作用のあるラベンダーオイルを配合。お肌にツヤとハリを生み出す植物オイルの配合バランスは最高です。自社農園で栽培されるラベンダーと、野生イモーテルのコラボレーションも魅力的☆フェイスだけでなく、ヘアケア、ボディケアにたっぷりとお使いいただけるお得な100mlボトルでお買い得商品です!

 

商品詳細はこちらから!

『デリカテス 美容オイル』

出典:Notre Famille.com ( une huile sèche, c'est quoi?)