【ブログ】ラベンダーの歌

《ラベンダーの歌》〜千一夜物語より〜

 

おお、私はなんと幸せなことか。

 

花壇を飾るあれやこれやの花々の一つでもなく、

 

卑しい手に摘み取られる気遣いもない。

 

そして、くだらぬおしゃべりに煩わされる心配もない。

 

さまざまなほかの植物、私の姉妹たちとは違って、

 

自然は私を小川から遠く離れた場所で育つようにしてくれた。

 

私は耕された場所と文明のある土地を好まない。

 

私は野生のもの、人の世から遥かに離れた

 

荒野と孤独の中に私はとどまる。

 

なぜなら、私は群衆に混じるのが嫌いだから。

 

(・・中略・・)

 

自由、私は自由!  

  

  

この歌は【千一夜物語】いわゆるアラビアンナイトに登場します。

最終的な形にまとめられたのが15世紀とありますので、その頃には存在したのでしょう。

この歌は「乙女と鳥の女代官の物語」に収められています。

この物語にはさまざまな花々が登場し、自分の物語、自分はどういう花なのかということを唄います。バラ、ジャスミン、カモミールなどに続いてラベンダーの歌が唄われており、野生ラベンダーも重要な役割となっているのがわかります。

 

「ブルーダルジャン」のラベンダー畑は正に「陸の孤島」とも言うべき場所にあります。

カンヌからレンタカーでいくつもの山、岩山、あるいは崖を越えて行かねばなりません。

車で片道5時間くらいでしょうか。人口わずか15人程度の集落にたどり着くのです。

この歌にあるように「人の世から遥かに離れた」土地です。

そこに咲くラベンダーはとても優しく、淡い色の花を咲かせていました。

私にはその色が『自由の色』のように思えました。

 

真正ラベンダーの重要なキーワードは「自由」

ぜひ、真正ラベンダーで「自由」を感じてみてください。

「ブルーダルジャン」のラベンダー
「ブルーダルジャン」のラベンダー

参考:クリスティアヌ・ムニエ著「ラベンダーとラバンジン」