南仏のアール・ド・ヴィーヴルを日本へ。

貴族たちが愛した極上のラベンダーを
南仏プロヴァンスの秘境、アルジャン村から。

16世紀以降、カトリーヌ・ド・メディシスやマリー・アントワネットなど当時の王妃たちが愛した香り、真正ラベンダー。19世紀以降は香水産業やアロマテラピーのスタンダードとして世界中で人気を博しました。

南フランスの人口8人のアルジャン村。現代では当たり前となった品種改良やクローン栽培される前の、本当のラベンダーの姿を残している小さな農園があります。野生種から育てる原種の香りを今に伝える数少ない農園のひとつ、ブルーダルジャン農園です。

弊社は、日本唯一のブルーダルジャン農園輸入販売元として南仏アルジャン村の伝統工芸としてのラベンダーを南仏の優雅で自由な空気とともにお届けします。

Scroll to Top